通勤だけどセブン

taitei39.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 23日

ケニアレポート

ひとまず仕事にかたがついたので
ケニアレポートです。

ケニアといえば、やはり動物。

半日だけ休みが取れたので、
ナイロビにある「ナイロビ国立公園」に行く事ができました。

サバンナの朝日。
そして、そこでかぎりなく自然のままで生きている動物達。

すばらしいの一語です。

まさにケニア。

首都の中にある国立公園は、世界最大規模。
面積は117平方キロメートル。

直径10キロ以上。
公園内には、川あり丘あり、コテージあり。

はるかかなたに蜃気楼のように
高層ビルが見えるので、
多少〜大自然とは言えないですが、
日本の動物園とはケタが違いますね。

運良く、ライオンを発見。

目の前にキリンの大群が!

シマウマが走ってる!

おっ、あの動物何?
インパラ??



これぞまさに、想い描いていたサバンナ。
ゆっくり2〜3時間かけて車で園内を回ります。

ここをおとずれて、

それまで「二度と来ないぞ!こんな国!」
と思っていた気持ちが、

「もう一度、来ても…良いな…」
「家族に見せたいな〜」

に変わり「かけ」ました。


f0103831_1995346.jpg
f0103831_199454.jpg
f0103831_1993781.jpg

[PR]

by taitei39 | 2012-05-23 19:11
2012年 05月 14日

F1

正直、F1の話はできませんな〜。

10位以下ばっか…。

走ってるだけで良いとは言えなくなってきました。
[PR]

by taitei39 | 2012-05-14 09:11
2012年 05月 10日

ウガリ

ケニア主食といえば、「ウガリ」
写真の中の白い肉まんみたいなもの。(緑もあります)

日本でいえば「ご飯」にあたるもの
だそうで、
トウモロコシの粉からできてるそうです。

ねばらないモチ?というかパサパサした
具の入ってない肉まんというか…
白玉団子?というか、
ごはんと餅の間のような食べ物です。

でも、

こればっかりは食べられないので、
一口分、手でちぎり、
もみもみしながら丸め、
真ん中部分にくぼみを作り、
濃〜い味で煮込まれた?鳥やブタ、魚を
手でつかみ、
くぼみ部分にねじ込んで食べます。
(焼き肉やシチュー、野菜をはさむのもポピュラーです)


ケニアに行って唯一、


「以外とうまいじゃん!」


と思った料理です。

3人前(ビール2本と飲み物こみ)2000円というリーズナブルな料理。

これはケニアに行かれたおり、
是非、食べてほしい。

ケニアの良いところでした。


f0103831_23305774.jpg
f0103831_23304847.jpg
f0103831_23304071.jpg

[PR]

by taitei39 | 2012-05-10 23:28
2012年 05月 09日

ケニアの現実

ケニアの首都ナイロビ。

4〜5月は雨期だそうです。
オフシーズン。

まあまあ都会?と思ったのもつかの間。
宿泊はたったの3日だけですが十分堪能させていただきました。


まず、
すさまじいのは「渋滞」

道が少ないわりに、車がやたら多い。
修理しないからどこもボコボコ。
ちょっと郊外にでると舗装は穴だらけ。
対向車は穴を避けて蛇行して向かって来ます。
こちらも負けじと蛇行しながら走ります。
ひさびさに車酔いしそう。


車の約70%ぐらいは日本車(中古)

圧倒的にトヨタ車。
やたらとプラドが走ってましたが、やはりRV車はこんな国でこそ
その能力を発揮するんだなと納得しました。
日本の交通事情では、RVの力なんてほとんどいりませんね。

ただ、

古い車が多いので、故障車が道をふさぎまくる。
運転マナーが最悪なため、衝突事故も多い。
そのたびに渋滞です。
その数がホント多いんです。1時間走ると、
1〜2台はかならずそんな車がいるぐらい。
さらに、
片側1車線が渋滞してくると
わりこみわりこみでどんどん増えて4車線までふくれあがり
対向車線が埋まってあっというまに身動きがとれない状況に。
公共のバスでさえガンガン対向車線に入って前へ前へ出て行きます。

僕らの横をわりこんで前へ出て行った車が立ち往生してる横を
じりじり前に進んだ僕らの車が追いついて
すりぬけざま
運転手が、なにかさけびました。
「なんて言ったの?」とコーディネーターに聞くと、

「一生、そこにいろ!」

と叫んだと訳してくれました。
ここに、譲り合いの精神は無いのか??

そんなのだから、
1時間半かかる距離の場所に
4〜5時間かかる。

現場を夕方4〜5時に出ても、ホテルに着くのは
夜10時とか11時。

朝は6時に出ても、現場9時。

メシもまともにたべれません。
店しまるの早いし…。
2時間で、5メートルしか動かない状況が2度もありました。
街灯なんて一つもないから真っ暗。

民家が回りに無い場所で渋滞にはまると、
運転手から言われたのは、
「車内に日本人が乗っていることは外から見えないように!」
という言葉。

なぜ?と聞くと

「襲ってくるから」

窓も開けない方がいいそうです。
手をつっこまれて物を盗まれるから。


そして「雨」


日本とはまったくちがう気候。

日中はまず雨はふりません。

かならず決まって夕方になると雷が鳴りだし、
ビカビカ光った後、すさまじいどしゃぶり。

あっと言う間に、
水はけの悪い道路は川、というか濁流にかわります。

てなわけで、
夜になり、川のようになった道路に数時間。
外に出る事もできず、窓もあけられずという状況。
エアコンを利かすとバッテリーが上がるから、むしむしした中で
じっと耐えるしかないわけです。

次の日、
同じ道を通ると家が流されてました。

こんな地だからこそ、プラド、パジェロは
本来の性能がだせるというものです。


そして、「停電」です。


国会議事堂のすぐ近くのヒルトンホテルに泊まってすら
部屋に帰ると電気がつかない。
エレベーター、トイレぐらいは電気が来てますが、
部屋には通電してません。

窓から外を見ると、ビルにあまり明かりが灯ってない。

2〜3時間後、やっと通電。

日本では考えられない。

さらに、
帰りのナイロビ空港で手続き中に
「停電」
空港内は薄暗いまま数時間。

とても国際空港とはおもえません。

これが普通だという話なので、マジすごい国です。
首都の中心がこの状況ですから回りの街は
どんなんでしょう。

注意事項として、
停電したら、電化製品のプラグをすべてぬいておきましょう。
なぜなら、
通電した時のショックで故障するかもしれないから。


そして、「治安」


ホテルの前では軍隊が待機しております。

現場から帰ってくると、
車の下面を金属探知機で毎日検査されます。
もちろんホテルに入るにもボディチェック。
スーパーで買い物するのも、入り口でボディチェック。

テロの心配があるとは聞いてましたが、
僕らが仕事中の日曜日、教会に手榴弾がなげこまれ
死者が出たそうです。

それでも、

同じアフリカの中では

「かなり暮らしやすい」

という話。

なかなかここで生活するには根性と忍耐がいります。

ぼろくそ書きましたけど、良いところもあります。
次回は良いところを探して書きたいと思います。

f0103831_2182682.jpg
f0103831_2181284.jpg

f0103831_9373816.jpg

[PR]

by taitei39 | 2012-05-09 21:08
2012年 05月 08日

ケニアの現場

ケニアへはもちろん仕事で行ったわけですが、
仕事現場の写真を1枚。

ナイロビから普通なら車で1時間半の場所。

この店で毎日、チャイをごちそうになってました。(ほぼ強制的)

ヤギの新鮮なしぼりたての乳でできたチャイがうまいのなんのって。

その後、下痢ピーになりましたが、
ここで飲んだチャイのおかげかどうかは謎です。

看板の違和感は絶妙ですね。

f0103831_237652.jpg

[PR]

by taitei39 | 2012-05-08 23:07
2012年 05月 06日

ケニア

仕事で、
ケニアに行ってました。

なかなか得難い体験です。

仕事はなんとかどうにか無事終了。

サバンナに、キリンが幻想的に立っていました。

また小出しにしつつレポートしますので。

f0103831_11245836.jpg

[PR]

by taitei39 | 2012-05-06 11:20