2006年 04月 10日

雨でも通勤

雨です。
そぞろ雨。

いきなりスーパー7通勤の山場です。

おおかたの予想を、かるくぶっちぎって
通勤すると言ったかぎりは通勤することにしました。
サンデードライバーでは無いので、
スーパー7以外の通勤方法は逃げにつながることから
考えないことにします。

朝、30分早く起きてホロを付けることに。
雨の中、この作業ができるのも
カーポート買ったからこそ!
さすがジェットシリーズ!
(スーパー7の幌は、分厚いビニール製。
一般的なオープンカーのように
車に装着されたものと違い、完全な着脱式。
普段は後ろの狭ーいトランク?に布のように折り畳んで
しまっています。)


しかし、
げっ!
車屋でやったときは多少固い程度と
思っていたホロが、なんだか

ちぢんだ?

はまらん。

30分ほどいろいろやってみたが、
前をはめると後ろがはまらず。
後ろをはめると前がはまらず。

前の持ち主は、ホロをあまり使ってなかった
ようで、透明部分はすごくキレイ。
でも、装着がむずかしい。
とりあえず、後ろを仮止めで行くことに。(写真参照)

妻から、「ガレージの閉め方を教えてくれたら
やっとくよ!」という偉大な一言。
今後は御願いします。
つくづく偉大な妻です。

走りだすと、

「あっ、良いかも!」

小さなワイパーは必死にがんばるし、
左右、後ろのカバーの透明部分は予想以上に
視認性が良い。
なによりフロントガラスが曇りません。
(スーパー7のフロントガラスには、電熱線がしこまれているので
スイッチを入れるとスーと曇りが無くなっていきます。)

雨も心配するほど吹き込まないし。
車内もそんなにぬれない。
カッパ来て乗るなんてうわさはガセです。

とにかく前方の視認性が良い。

以前乗っていたカルマンギアは、
車内のすべてのガラスが曇りまくって真っ白!
雨の日の夜なんて、フロントガラスをタオルもって
10センチ四方を泣きながらフキフキ運転。
いくら曇り止めをスプレーしてもききゃしない。
おかげで、
何度も事故をおこしそうになりました。
カルマン買ってから2日後、雨のため曇った窓を
なんとかしようとヒーターを初めて付けた瞬間、
数年分のホコリが山のようにいっきに吹き出し、
車の中が真っ白! 
パニックになった事は
今でも記憶に新しいです。

それに比べてどーですか(写真参照)
さすが1985年製!。
1972年製だったカルマンギアとは雲泥の差。
(別にカルマンギアがダメな訳ではないです。念のため)

快調そのもの!
これでエンジンがストップしなきゃ、雨天通勤は
可能ということに。

月曜の朝ということもあり、けっこうな渋滞ではありましたが
約40分。
ガラスは曇ること無く
水温も上がること無く、無事出勤。
途中タバコをすってみましたがまったく
問題ナシ!
渋滞につかまっている回りの車は
ビニールのドアから煙が出たり、手が出たりする車を
どう見ているんでしょうか?

会社の駐車場。
ドアからしみ込んだ雨のシミはこの程度です。(写真参照)
晴れの日、天火でかわかせばモーマンタイ!

いける!いけるぞー!雨天通勤!
すくなくともガンマ400で通勤するより遥かに
良い!

同僚Fくんがこんなページを見つけてくれました。
http://www.towabody.jp/contents/oneoff/seven/seven4.htm
すごいです。こんな屋根ホシー。
このページをいろいろ探ると、とんでもないものがドンドン
出てきました。この道の方、必見ですよ。

ここのホームページにメールすると帰ってきましたよ返事が。

「形状やその他諸条件で変化しますが内装材等含みで150万円〜程度とお考え下さい。
工期は約3ヶ月程度かかります。(製作に当たっては実車持込が必要となります。)」

うーん…悩ましい〜。

高速&峠テストはまた。
(ヒーーーーーーヤッホーでした。)



f0103831_1112188.jpg
f0103831_11122762.jpg
f0103831_11125178.jpg

[PR]

by taitei39 | 2006-04-10 11:13


<< 高速&峠      7は哭く >>