2006年 04月 04日

納車だ!納車だー!

待った、待った。

もー

自分の愛車が「赤のキャロル」と錯覚して
しまうぐらい待ちました。
も〜4ヶ月ほど乗っているもので、
手足のようなハンドリング。


実は、僕の車歴の中で、キャロル(マツダのKです)は、
けっこう大きな存在なんです。

以前、ランチャデルタHFインテグラーレ16Vに乗っていた時期も
三分の一は、キャロルに乗っていました。
(怖いほど故障が続いたため、代車に)

新入社員の女の子は、
僕の車はキャロル(しかもピンク)だと
思っていたらしく、「車買ったんですか?」と
言われたことがあります。

変態ですよねピンクのキャロル。
人格疑われてもしかたがない。
それを台車に出す車屋もドーヨ。

というわけで、
全ての諸問題は、なんとか解決。
お金のこととか。保険のこととか。

数日前、保険屋に、
「形式が不明になっているのでこの車は、
車両保険には入れませんよ」と言われてしまった。

信頼する車屋さんに泣きつくと、
メカニックのIさん
「そりゃー素人の保険屋ですよ!ダメですねその保険屋!
僕が電話でガツンと言ってやります!」
と頼もしい言葉。

しばらくたつと保険屋から電話。

「あのー車屋さんからすごい剣幕でいわれちゃって。
すいませんでした。」

ほんとにガツンと言ってくれたようです。
でもその後、

「私が言いたかったのは、信頼できない車は
車両保険に入れないと
言いたかっただけで、この車が入れないとは
言わなかったつもりなんですがー」


んーー??  と
よくわからない言い訳。

「信頼できない?  
 どーゆー意味ですか?
別にあんたのところの保険に
入らなくてもいいんだよ!
こっちはー」(ジェントルな言い回しで)

と言うと、
あっさりあやまって、車両保険の金額を
教えてくれました。

教訓。

スーパー7の存在すら知らない
しょうもない保険屋と契約するのは
やめましょう。
イザという時、クソのやくにもたちません。

値段を聞いて、「高!」

スーパー7は、クラシックカーではありません。
今でも立派に新型車がガンガン製造されている車です。
中身はドンドン進化して別物ですが、
姿形は昔のままです。
そこが良いところなんです。
が、しかし

RX-7やGT-R、Z。
フェラーリなど、最も事故を起こしやすい
危険なスポーツカーのカテゴリーなので
車両保険はバカ高です。
(もちろん車体の価格が安いので、それなりな金額ですけど)

僕が入っている保険屋では、
200万前後のスーパー7の場合、
最低のエコノミークラスでも、年10万軽く越えます。
平リーマンには過酷な現実です。


さー納車!納車!



が、が、が、

天気予報は……雨です。

もう1日のばそうと思いました。

せっかくなので…。

仕事にならんのですよジリジリして… ホント。
[PR]

by taitei39 | 2006-04-04 22:48


<< 7記念日      来たー! >>